すっぴんがゾンビ

学生の頃はすっぴんでも十分きれいなのにがっつり気合い入れてメイクしていましたが、30歳を過ぎるともうすっぴんを見せたくても見せられない状況になってしまいました。
若い時は何もしなくてもきれいなんだから、わざわざメイクで肌に負担をかけなくても良かったのになと思います。
彼氏にすっぴんを見せることよりも女友達にすっぴんを見せることのほうが勇気がいるんですよね。
特に同世代や年下には絶対にすっぴんなんか見せたくありません。
私は家に女友達を呼ぶ時、「すっぴんでごめんね」と言いつつも実はメイクしています。

それでも女性の目はごまかしにくいので、クマにコンシーラーをなじませて全体にパール入りの透明パウダーを付ける程度です。もしかしたらバレているかもしれません。
本当は正真正銘のすっぴんで勝負したいのですが、一度衰えた肌はなかなか元には戻らず、年齢を重ねれば重ねるほどアラが目立ってしまって隠す技ばかり覚えてしまいます。
仕事から帰ってメイクを落として完全無防備なすっぴんでいるときに宅配便が届いたときは仕方なくそのまま出ますが、荷物を受け取ったあとで鏡を見ると「これは人に見せてはいけない顔だった」と思うことがあります。
仕事で疲れた後のすっぴんはゾンビのようだからです。
いつまでも変わらない素肌できれいなすっぴんの人が本当にうらやましいです→すっぴん洗顔

カテゴリー: コスメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です